Category Archives : 未分類

相続トラブルにならないように

税理士に相続税に関して相談されることが多い案件の一つに、土地、建物、つまり不動産についての案件があります。相続される方がおひとりであれば特に大きな問題にならないと思いますが、法定相続人が複数いる場合、不動産の相続はトラブルとなる事があります。預金債権などの場合、相続によって法定相続人が複数いる場合でも、各相続人へ自動的に配分されます。しかし不動産の場合、分配が相続と同時になるということは少なく、どう分配するか決まるまで、相続人全員の共有という状態になります。
家の価値

例えば相続された方が売りたいと考えても、そこに暮らしたい、貸したいと考えても、法定相続人の共有財産ということになるので、すべての人の同意が必要です。また不動産の価値についてはどのくらいの価値があるのか?簡単に評価することが出来ず、土地、建物それぞれに別で評価することになるので、簡単に換金できないともいえます。そのご家庭によって様々な事が考えられるので、相続税どころか、相続がしっかり決まらずもめてしまうこともあります。

単純にいえばその不動産を売却し、それを法定相続人で分ければいいという話になりますが、例えばそこにお亡くなりになった親御さんなどと暮らしてきた方に法定相続人がいるという場合、その家にそのまま暮らしたいと考えます。親の面倒もずっとみてきたのに、家を売却してそれを人数分で割ろうなんて勝手と考えるのもわかります。しかし兄弟、姉妹などの法定相続人となる人からすれば、自分たちがもらえる財産には違いがないので、貰えるものはもらっておきたいと思うのも理解できます。こうなると肉親ほどもめることが多くなり、相続税の支払い期限までに間に合わなくなるということもあります。

税理士などにしっかりと自分が亡くなる前に相続相談していればこんな肉親のトラブルも起らなかったかもしれないのに・・・・税理士に生前から相続について、また贈与ということについても相談しておくべきでしょう。

残されたご家族に負担なきよう

そもそも相続税というのはどういう税金なのかというと、被相続人となるお亡くなりになった方の財産を相続によって受け継いだという場合、また遺言によって財産を受け継ぐことになったという場合などに、その相続財産の金額が現在は「3000万+600万円×法定相続人の数」を超えると相続税がかかってきます。この金額は相続税の基礎控除と呼ばれるもので、簡単にいえば相続人が1人だった場合、3600万を超える財産を相続した場合に、相続税がかかり、これを超えない場合、かかってこないといえます。

実際、相続税がかかるほどの財産を保有されている方は、お亡くなりになった方の中でも1割程度といわれていますので、心配はいらないのですが、以前は5000万円+1000万×法定相続人という基礎控除だったものがここまで下がってしまったことです。

法改正があるまでは心配がなかった、でも法改正となって基礎控除額が低くなり、それにより相続税の対象となる場合も増えています。特に注意が必要な場合としては、都市部、地価の高いところに不動産をお持ちの方です。場合によってはかなりの金額を相続されることになるので、前もってしっかりと税理士などに相続相談されて、現在の保有財産に関して特に不動産等、相続税の計算をしておくべきでしょう

相続税の支払いが必要となる場合、10カ月以内に申告手続きを行い納付まで済ませることが必要となります。遺産がいくらになるのか、あらかじめ税理士に相談しこのくらいかかると考えておくことが出来れば、相続税分を用意しておくこともできます。できれば、残されたご家族が負担になることがないように、出来る事を考えることも重要な事です。

相続税についての相続相談は税理士が適任

税金の問題というのはなかなか難しく、税金に関する法律などに詳しくないと、思わぬ費用が必要になる事も多く、全く相続について考えずにいると財産を手放すことにもなります。まだまだ元気と思っていても、人はいつ死に直面するかわからず、いきなり相続税について考えなければならない場面に直面することもあります。父親が遺してくれた財産を相続したい、でも相続税を支払う事が出来ない状態だったり、また法定相続人同士で争いが起る事もあります
困る老人

我が家に限って仲がいい兄弟姉妹だからそんな相続相談が必要な事態にはならないと考えているのは間違いで、相続する金額が大きければ大きいほど、いさかいが起るものです。そういった場合、相続税に詳しい専門家に相談することになります。相続相談ということで弁護士の方に相談される方もいますが、その先に、相続税についての話があるという場合には、税理士へ相続相談をする方が税金に関して細かく配慮した内容になると思います。

できれば相続について、残されたご家族が悩むことなく、また負担をできる限り少なくできるように生前、しっかりと感じる方が安心です。生前に相続税について考えていくと、自分亡き後、大きな問題が出てくる可能性も考えることができ、ご家族、親族間のトラブルを未然に防ぐことになるかもしれません。特にトラブルに陥りやすい不動産、土地などに関する相続についても税理士に相談しながらどのように対応していくかを検討します。後から、「やっておけばよかった」と後悔するよりも、時間をかけてできる事を考え対策を練っていく方が安心です。

生前贈与等も考慮できますが、何も知らずに行ってしまうと贈与税の方が負担の大きなやり方となる事もあるので、税理士などにしっかりと相続相談を行い、最もいい対応ができるように考えていくべきでしょう。

 

Back to Top