相続トラブルにならないように

税理士に相続税に関して相談されることが多い案件の一つに、土地、建物、つまり不動産についての案件があります。相続される方がおひとりであれば特に大きな問題にならないと思いますが、法定相続人が複数いる場合、不動産の相続はトラブルとなる事があります。預金債権などの場合、相続によって法定相続人が複数いる場合でも、各相続人へ自動的に配分されます。しかし不動産の場合、分配が相続と同時になるということは少なく、どう分配するか決まるまで、相続人全員の共有という状態になります。
家の価値

例えば相続された方が売りたいと考えても、そこに暮らしたい、貸したいと考えても、法定相続人の共有財産ということになるので、すべての人の同意が必要です。また不動産の価値についてはどのくらいの価値があるのか?簡単に評価することが出来ず、土地、建物それぞれに別で評価することになるので、簡単に換金できないともいえます。そのご家庭によって様々な事が考えられるので、相続税どころか、相続がしっかり決まらずもめてしまうこともあります。

単純にいえばその不動産を売却し、それを法定相続人で分ければいいという話になりますが、例えばそこにお亡くなりになった親御さんなどと暮らしてきた方に法定相続人がいるという場合、その家にそのまま暮らしたいと考えます。親の面倒もずっとみてきたのに、家を売却してそれを人数分で割ろうなんて勝手と考えるのもわかります。しかし兄弟、姉妹などの法定相続人となる人からすれば、自分たちがもらえる財産には違いがないので、貰えるものはもらっておきたいと思うのも理解できます。こうなると肉親ほどもめることが多くなり、相続税の支払い期限までに間に合わなくなるということもあります。

税理士などにしっかりと自分が亡くなる前に相続相談していればこんな肉親のトラブルも起らなかったかもしれないのに・・・・税理士に生前から相続について、また贈与ということについても相談しておくべきでしょう。


Back to Top