残されたご家族に負担なきよう

そもそも相続税というのはどういう税金なのかというと、被相続人となるお亡くなりになった方の財産を相続によって受け継いだという場合、また遺言によって財産を受け継ぐことになったという場合などに、その相続財産の金額が現在は「3000万+600万円×法定相続人の数」を超えると相続税がかかってきます。この金額は相続税の基礎控除と呼ばれるもので、簡単にいえば相続人が1人だった場合、3600万を超える財産を相続した場合に、相続税がかかり、これを超えない場合、かかってこないといえます。

実際、相続税がかかるほどの財産を保有されている方は、お亡くなりになった方の中でも1割程度といわれていますので、心配はいらないのですが、以前は5000万円+1000万×法定相続人という基礎控除だったものがここまで下がってしまったことです。

法改正があるまでは心配がなかった、でも法改正となって基礎控除額が低くなり、それにより相続税の対象となる場合も増えています。特に注意が必要な場合としては、都市部、地価の高いところに不動産をお持ちの方です。場合によってはかなりの金額を相続されることになるので、前もってしっかりと税理士などに相続相談されて、現在の保有財産に関して特に不動産等、相続税の計算をしておくべきでしょう

相続税の支払いが必要となる場合、10カ月以内に申告手続きを行い納付まで済ませることが必要となります。遺産がいくらになるのか、あらかじめ税理士に相談しこのくらいかかると考えておくことが出来れば、相続税分を用意しておくこともできます。できれば、残されたご家族が負担になることがないように、出来る事を考えることも重要な事です。


Back to Top