相続税についての相続相談は税理士が適任

税金の問題というのはなかなか難しく、税金に関する法律などに詳しくないと、思わぬ費用が必要になる事も多く、全く相続について考えずにいると財産を手放すことにもなります。まだまだ元気と思っていても、人はいつ死に直面するかわからず、いきなり相続税について考えなければならない場面に直面することもあります。父親が遺してくれた財産を相続したい、でも相続税を支払う事が出来ない状態だったり、また法定相続人同士で争いが起る事もあります
困る老人

我が家に限って仲がいい兄弟姉妹だからそんな相続相談が必要な事態にはならないと考えているのは間違いで、相続する金額が大きければ大きいほど、いさかいが起るものです。そういった場合、相続税に詳しい専門家に相談することになります。相続相談ということで弁護士の方に相談される方もいますが、その先に、相続税についての話があるという場合には、税理士へ相続相談をする方が税金に関して細かく配慮した内容になると思います。

できれば相続について、残されたご家族が悩むことなく、また負担をできる限り少なくできるように生前、しっかりと感じる方が安心です。生前に相続税について考えていくと、自分亡き後、大きな問題が出てくる可能性も考えることができ、ご家族、親族間のトラブルを未然に防ぐことになるかもしれません。特にトラブルに陥りやすい不動産、土地などに関する相続についても税理士に相談しながらどのように対応していくかを検討します。後から、「やっておけばよかった」と後悔するよりも、時間をかけてできる事を考え対策を練っていく方が安心です。

生前贈与等も考慮できますが、何も知らずに行ってしまうと贈与税の方が負担の大きなやり方となる事もあるので、税理士などにしっかりと相続相談を行い、最もいい対応ができるように考えていくべきでしょう。

 


Back to Top